ご相談
尾花あきひと 尾花あきひと 尾花あきひと 尾花あきひと 尾花あきひと 尾花あきひと 尾花あきひと 尾花あきひと

埼玉県議会議員選挙
自由民主党 公認候補予定者(上尾市・伊奈町)

チェンジ ! 埼玉の未来を拓く。
チェンジ ! 埼玉の未来を拓く。
最新の動き
ー 尾花あきひと ブログ ー

ブログ -最新の動き-


メッセージ

上尾 伊奈の声を 埼玉県政へ!


 新しい時代をひらく鍵が「県政」にあります。

 市町は 身近な施策、国は 社会保障や防衛・外交の役割が増す現在。
市町から見えにくい国と 国が掴みきれない市町の 両方の情報を持ち、
自治体をまたいで 未来への大きな投資ができる「県政」こそ、
これからの時代に「新たな夢や理念」を生み出せる存在です。

 コロナ禍が明らかにしたことの一つは 商業 生活 文化圏の広がり。
いま 広域で取り組むべき 経済 防災 医療 福祉 警察 教育ー、そして
増加する 自治体単独で困難な課題には 県規模での変革が 不可欠です。

 尾花あきひと は 上尾・伊奈の現場の声を県政に訴えるとともに、
地域を駆け 人と人を結び、県を成長のエンジンとして
日本を押し上げるよう 力を尽くして参ります。

 

埼玉県政について
ー 尾花あきひと 政策 ー

提案型政治で具体的変化を


 日本の成長戦略の鍵は 広域行政(県政)にあります。
県土を広域で見たうえでの特定エリアへの大規模投資や、
産学官民・市町村の垣根を超えた連携で、
いま 新鮮な事業を生み出せる行政サイズが 県政です。

 そして、政治は現実を変えてこそ意味があります。
 生まれ育ったこの地で 政治の世界に飛び込んで7年。
現場主義 ・行政との適切な緊張・徹底した議論 を基本に
「具体的変化を重視した活動」を続けてきました。
 尾花あきひとは 地域で頂いたお声と経験を活かし
成果にこだわる地道な活動を続ける事で
住民生活を着実にチェンジして参ります。

埼玉県政 基本政策

提案型政治で具体的変化を


 日本の成長戦略の鍵は 広域行政(県政)にあります。
県土を広域で見たうえでの特定エリアへの大規模投資や、
産学官民・市町村の垣根を超えた連携で、
いま 新鮮な事業を生み出せる行政サイズが 県政です。

 そして、政治は現実を変えてこそ意味があります。
 生まれ育ったこの地で 政治の世界に飛び込んで7年。
現場主義 ・行政との適切な緊張・徹底した議論 を基本に
「具体的変化を重視した活動」を続けてきました。
 尾花あきひとは 地域で頂いたお声と経験を活かし
成果にこだわる地道な活動を続ける事で
住民生活を着実にチェンジして参ります。

プロフィール

尾花あきひと

尾花あきひと プロフィール

自由民主党 埼玉県第六区青年局長
      上尾支部長

1983年 埼玉県上尾市生まれ。明治大学政治経済学部卒業。
元東京都副知事 青山やすしゼミにて都市政策を専攻。
映画・TVドラマ等 映像制作会社(共同テレビジョンほか)勤務後、
地元での企業活動・地域活動を経て、2015年 上尾市議会議員に初当選。
2019年 上尾市議会議員 2期目に第一位当選。
議会では1期目に総務常任委員会委員長に就任、
2期目に議会改革特別委員長、予算特別委員長等に就任。
2016年、自由民主党上尾支部青年部長に就任。
2021年、自由民主党埼玉県第六選挙区 青年局長、上尾支部 支部長に就任。
自由民主党埼玉県連が実施した「2023年 埼玉県議会議員選挙
自由民主党 公認候補予定者 公募」にて、選考の結果、公認候補予定者に内定。
行政改革 地方分権 市民協働を軸に、議会内外で地域の潜在力発揮に向け活動中。

尾花あきひと への ご支援

尾花あきひと 尾花あきひと
 尾花あきひとの活動は、立場・世代をこえて集う
地域の皆様の声に 常に支えられてきました。
 「尾花あきひと県政懇話会」では、御一緒に
地域社会を盛り上げて頂ける皆様を募集しております。

 活動レポートによるご報告をはじめ 主権者お一人
おひとりが 地域や国の未来を自ら選択していく為の
情報提供や 意見交換の機会を作って参ります。
 政策を更に進めるため、未来をチェンジするため
に、ご意見や応援を頂けましたら幸いです。
尾花あきひと 尾花あきひと
尾花あきひと への ご支援
 尾花あきひとの活動は、立場・世代をこえて集う
地域の皆様の声に 常に支えられてきました。
 「尾花あきひと県政懇話会」では、御一緒に
地域社会を盛り上げて頂ける皆様を募集しております。

 活動レポートによるご報告をはじめ 主権者お一人
おひとりが 地域や国の未来を自ら選択していく為の
情報提供や 意見交換の機会を作って参ります。
 政策を更に進めるため、未来をチェンジするため
に、ご意見や応援を頂けましたら幸いです。
MENU